『スーパーでの買い物に時間がかかる・重いものを運ぶのが苦痛』の解決策 ネットスーパーを利用する~2年間利用してみた感想~

家事の時短

こんにちは。せるばです。

今回はネットスーパーを活用した買い物時間の削減について解説していきます。

  • スーパーでの買い物に時間がかかる
  • 牛乳やペットボトルの水など重い物を運ぶのが苦痛
  • 必要ないものをつい買ってしまう
  • 暑い、寒い、雨の日の買い物が苦痛
  • 子供を連れて買い物に行くのが大変

上記のような悩みをかけている方も多いのではないでしょうか?

私はスーパーでの買い物を週に2回していました。

毎回1時間以上の時間がかかり、重い荷物を車から家まで運ぶのも大変で苦痛でした。

そんな悩みを解決したのが『ネットスーパー』でした。

今回の記事ではネットスーパーの時短効果、その他のメリット、よくある不安とその対策について解説していきます。

私は1年前はブラックな職場で働いており、30~60時間の残業をしながら、家事をするのに耐えられませんでした。

家事の時短をして、捻出した時間で副業を始めて、大げさではなく人生が激変しました。

家事の時短テクニック5選はこちら

副業を始めて考え方も変わり、会社への部署移動の交渉も強い気持ちで行うことができました。

本業と副業 両方やるメリット6選はこちら

私は自動車関係のメーカーで働くエンジニアです。

工場の生産性を上げるために

  • 人や機械の配置
  • 人やモノの動線
  • 人や機械の動作

の改善を日々行っています。

  • もっと楽に作業できる方法は?
  • 機械の動作のムダはないか?
  • 投資に見合った改善ができるか?

を考えて、具体的に形にするのが得意です。

家事にかかるトータル時間と時短の仕方に関する記事はこちら

家事をアウトソーシングして、自由な時間を手に入れるのも非常に有意義です。

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

それでは下記の内容で解説をしていきます。

スポンサーリンク

買い物は週に何回?買い物にかかる時間は?

4人家族の家庭でスーパーに買い物に行く回数は平均で1週間に2回です。

我が家は3人家族ですが、ネットスーパーを活用する前は1週間に2回行っていました。

なるべくまとめて回数を少なくしたかったのですが、1回でまとめて買うと、野菜や牛乳が重くて運ぶのが大変で断念しました。

1回の買い物にかかる時間はどれくらいでしょうか?

買い物の工程と、それぞれの工程にかかる時間は次の表のようになりました。

ここでは献立を考えたり、買い物リストを作ったりする時間はカウントしていません。

一回の買い物でかかる合計時間は62分、およそ1時間でした。

週に2回買い物に行くとすると、1週間に約2時間。1か月に8時間を買い物に行くのに使っていることになります。

時給1000円換算で毎月8000円分の労力がかかています。

年間にすると約96時間、96000円です。

これだけの労力がかかっているで大変なのもうなずけると思います。

ネットスーパーを活用することで、買い物にかけていた時間がゼロになります。

買い物リストをネットスーパーの注文画面で作成れば、あとは受け取るだけです。

スポンサーリンク

ネットスーパーの時短以外のメリット

時短以外のメリットは以下のようなものが挙げられます。

  • 重いものを運ばなくていい
  • 運ぶ量を気にせずにまとめ買いができる
  • 野菜などを選ぶ時間がなくなる
  • つい買ってしまうがなくなる
  • 天気が悪い日(寒い、暑い、雨の日など)に買い物に行かなくていい
  • 子供を連れて行かなくていい
  • ガソリン代がかからない

1)買ったものを運ばなくて済む

牛乳や野菜など水分の多いものは重くて運ぶのが大変です。

運べる量を気にして買い物をしている方も少なくないと思います。

ネットスーパーでの買い物なら、家の玄関まで配達員の方に運んでもらえるので、自分が運べる量を気にせずに買い物をすることができます。

2)迷うことが無くなる

スーパーに行くと野菜や肉など、1個ずつに個体差があるものを選ぶのに迷ってしまいます。

あの商品どこに置いてあったかな?という迷いもあります。

ネットスーパーではランダムに選んでもらえるので迷うことがありません。

3)無駄遣いが減る

特価になっているものや、レジ横のお菓子をつい買ってしうことがなくなります。

ネットスーパーで買い物をすれば計画通りのものしか買えないので、『つい』がなくなります。

4)天候や子供を気にしなくて済む

天気が悪い中買い物に行くのはかなり大変です。

雨の中傘を差しながらや、暑い中で、買ったものを運ぶのはとても大変です。

また、子供と買い物に行くと、思ったルートで買い物ができなかったり、買う予定のないものをねだられたりすることもあります。

ネットスーパーでの買い物であれば、買い物リスト通りのものだけが玄関に届きます。

5)ガソリン代がかからない

軽自動車で5km離れたところに買い物に行ったとしても、往復で約100円ガソリン代がかかります。

月に8回買い物に行くとすると、毎月800円かかることになります。

ネットスーパーを活用するとガソリン代もかかりません。

よくある不安の声と、その解決策

便利なネットスーパーにもデメリットはあります。特性を理解して、デメリットの部分が出にくいようにうまく活用する方法を解説します。

1)自分で商品を見ることができない

実物を見ることができないので、量や品質がわからないこともあります。

何度か買っていると慣れてきて感覚がつかめるようになるので、不安に感じるのも最初だけだと思います。

上でも解説しましたが、野菜1つを選ぶ時の『迷い』がなくなることのメリットの方が大きいと感じています。

2)配達時間に家にいないといけない

ネットスーパーで買った商品を受け取るために家にいないといけないのは少し面倒かもしれません。

しかし、置き配をしてくれるので問題ありません。

発泡スチロールの容器と保冷剤が家に留まることになりますが、次回配達の際に回収してくれます。

3)ほしいと思ったときすぐに手に入らない

計画的に注文して、届くまでにはタイムラグがあるので、ほしいと思ってから手に取るまでにはどうしても時間がかかります。

この問題に関しては、献立・買い物リストを考える時に、もれなく洗い出す習慣をつけるしかありません。

緊急でほしいものだけは、近くのコンビニ等で買うのがいいと思います。

4)商品や配送料が高い

商品の価格は実は店舗で買い物をするときと全くかわりません。

配送料については一定額以上買い物をすれば無料になるネットースーパーもありますし、かかったとしても1回500円以下です。

1週間に1回ネットスーパーでまとめ買いをすることができれば、週に2時間、時給1000円換算で2000円分の時短効果があります。

かかった配送料よりも時短効果の方が大きいので、自由時間を獲得するための必要投資として考えるのがいいと思います。

まとめ

ネットスーパーを活用することで、我が家では週に2時間、月に8時間の時短に成功しました。

時給1000円換算で毎月8000円分の節約効果があります。

運ぶ物の重さや量、天候を気にすることなく、ほしいものをまとめ買いできてとても便利です。

この記事を読んでいただいた方にはこちらの記事もオススメです。

料理が嫌い・苦手・面倒くさいの解決策 徹底的に料理を時短する方法

家事をアウトソーシングして、自分が得意で楽しい副業をするのも非常に有意義です。

そんな方は家事代行を活用してみるのもオススメです。

お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

この記事を読んで、家事の時短を実現して、自由時間を増やしたい方のお役に立てたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました